小さな頃から

恵比寿在住 外資系OL ※主婦予備軍 趣味のダイビングについて、旅行について、生活について記そうと思います

「主婦」という言葉が怖い。

大晦日とお正月にかけて逃げ恥の再放送があったので、

母と視聴。

 

以前放送されていたころは、まだ結婚してなくて、(なんならまだ旦那と付き合ってすらいなかったし)それこそ「ゆりちゃん」みたいなバリバリキャリアウーマンと、バリバリサラリーマンに囲まれて仕事して、家庭ではママさんの派遣さんたちにサポートいただきながらヘトヘトに仕事してた時期だった。

仕事やめたばっかりだったからこそ、再放送で逃げ恥を見たときの自分の視点とか、感情移入の先が全然ちがくて、ヘビーだった。。

 

一番印象に残ったシーン。

前回見たときは「ゆりちゃん」が「半分の年」の女の子に、きれいに年を重ねること、そのことに誇りを持つこと、を諭すシーンが一番脳裏に焼き付いたんだけど。

今回は「みくりさん」が路上のアンケートに答えるときのシーン。

職業欄 に、少し迷って「主婦」と書いた。

私も最近同じようなこと、あったな。

迷うというか、ただ慣れてないだけなのかもしれないけど。

 

一番最近あったのは、

20代中心の初対面の社会人ばかりが集まる機会が会ったとき。

「自己紹介はあえて会社名は言わずに職業だけにしましょう」

結婚してたのは私だけだし、仕事をしてないのも私だけ。ちょっとその流れに戸惑って、でも、2人目の自己紹介だったからごまかせなかった。

もともと私の親しい人もいたから、余計にそうゆう方向に持って行っちゃったのだけれど、「先日仕事やめました、主婦です」って言っただけでちょっと笑いとっちゃう感じ。「人妻なんで手出さないでくださいねー」って親しい人の突っ込みでさらに沸かせた。

 

若い未婚の人たちばかりの場所に身を置くと当然かもしれないけど、私のアイデンティティはもうここでは「人妻」「主婦」なんだろうな。と。それだけで同い年の未婚の子たちよりすごく老けて感じた。もうきゃぴきゃぴしたり、きらきらしたり、できないんだ、しちゃいけないんだ。って勝手に感じてしまっている。

 

まあ、元職場のおじさまたちといるときは結婚なんて関係なくていつまでも「娘みたいなもん」って可愛がってもらってたので、そういった世代の人と絡まなくなっちゃうと余計に思うんだろうな。そして心も見た目も老いていく。。

 

夫はもちろんだけど、「若い」「かわいい」って言ってもらえたり、そうふるまってもいい環境がないとどんどん老けるなって思った。笑

一番難しい年ごろなのかな。「ゆりちゃん」のように誇りをもって綺麗に年を重ねることに、まだ抗いたいんだな。でも、ずっと抗い続けていると「痛い」感じに年齢だけ重ねることになるんでしょうね。。

 

それから。

「主婦」と名乗るたびに感じるこの後ろめたさ、背徳感、恥ずかしさ、くやしさ、老けてる感じ、でもちょっと安心感、優越感は、なんだろうか。これからどんだけ派遣で仕事をしても、パートをしても、自営業でも、私はその稼ぐ力という判断の元、夫の扶養に入っている限り、「主婦」。

 

 昨今の、「産めよ育てよ働けよ」の風潮の中で、子供がいるわけでもないのに寿退社したこと。親に高い学費出してもらってせっかく私大出て、せっかくそこそこ良いお給料もらってのびのび働けていたのにもったいないという気持ちがある。

 

私は今まで、こういったプレッシャーとか、「あるべき論」に縛られて意固地に「働く女像」を自分の中で作り上げていたから、周りの人には「絶対専業主婦にはならない」「メリットがない」「もったいない」って主張してきたけど、本当は自分の母親みたいな専業主婦にあこがれてたし、なりたいって思っていた。その気持ちを打ち消すように、「外資系企業でバリバリキラキラ仕事してる自分」プロデュース、頑張ってたな。恵比寿に住んでみたり、高いバーで女子会してみたり、海外旅行しまくったりしてな。(まあ客観的に「バリバリ」で「キラキラ」だったかどうかは置いておいて。。。)

 

おそらく、周りの人は私が「専業主婦」と名乗るたび、別に「そうなんだ~」くらいにしか思っていないだろう。

名乗るたび感じているのは、たぶん自分に対しての「後ろめたさ、背徳感、恥ずかしさ、くやしさ、老けてる感じ、でもちょっと安心感、優越感」なんだろう。

 

旦那の海外赴任がきっかけで、20代で寿退社。

「仕事辞めるって思い切ったね」

って聞かれると「だいぶ迷った。でもさすがに新婚で数年別居はないなと思ったし、お互いの両親の思いもあるから。」

なんて体よく言い切って、だけど本当はそうなることが決まったときは心の中でガッツポーズしたよね。

 

子供が生まれたり、海外主婦生活で苦労したり、旦那さんに何かあったり、はたまた再び正社員で働きだしたり、そうでもしない限りしばらくはこの「主婦」と名乗るたびにこの感情はしばらく心の中に渦巻くのでしょう。

 

なにはともあれ、こんな私のモヤモヤを飽きずにしっかりと聞いてくれる旦那さんに感謝。「女性の社会進出」についての国策や世論、風潮について2時間も議論できる旦那さんをもって本当にうれしいです。私たちも森山家のように、どんな状況もふたりで超えていきたいね。今年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

仕事、やめました

仕事、やめました。

今日は初めての出社しない平日だったけれど、

どっちにしろ12月23日~1月8日までお休みとるだろうなって感じだったから、あまり実感はわかず。。。

 

春から夫さんと一緒にパリに住むことになったので

とりあえずそこからの生活備えて始めたこと

①オンラインの英語教師

フランスに行ってからもできるように。自分で稼ぐお小遣いは大事。。。社会人向けに英会話/文法レッスンと、受験英語のオンライン家庭教師を高校2年生に。

高校生のほうは、小さいけど確かにありそうなニーズを感じたのが、おうちの立地的に塾に通えないのでSkypeでとのこと。離島とか、山の中とかに住んでる人でほかにそんなニーズはないかしら。。。?

②フランス語の教室

アテネフランセとか、表参道のフランス語会話とか色々調べたけど、結局安いし人数も少人数とのことで近所のカルチャースクールに通うことにしました♪

③バレエスクール

これまたフランスに行ってからやりたいと思っているのは、バレエ教室に通うこと。そのためにもフランス語頑張らなくちゃ。

ウクレレ

夏から始めてるけどね。もう少しうまくなりたい。

⑤料理教室

これまた春から始めてるけどね

 

クリスマスは

ローストチキンとパエリアを作りましたとさ。f:id:mylife_diary:20171226002506j:plain

 

これからはブログもぼちぼち更新しようっと。

 

ブログ更新の備忘録

だいぶ更新をさぼっていたにも関わらず、

ほんの少しだけ読者登録していただき、(ありがとうございます!!)

アクセスもちょろちょろと続いていて、何か更新しなければ!

という気持ちにかられました。

 

とは言え一度記事を書こうとすると

なんだかんだ結構時間を取られてしまうので

今週末、来週末あたりで書きたい記事をリストアップしておこう。

 

①7月に夏休みで行ってきたフランス ボルドーのシャトー巡り

②結婚式準備について、悩んだことやら楽しいことやら

③ダイエットが至上最高に成功していること

ウクレレ教室のこと

 

こんなもんかな。

 

午後も仕事がんばろーっと。

 

初めてのタイ旅行【どうしても会いたいアイツ】

さて、、はやくも更新のペースを落としております。みんちゅです。

幾日かが過ぎ、タイ旅行のほかにも書きたい事が募ってきましたがまずはこちらを締めくくりたいと思います。

 

さて、5月の末に仕事から、東京から逃げるようにしてやってきたタイへの弾丸旅行。「サムイ島」を選んだ二つ目の理由、【どうしても会いたいアイツ】について書きたいと思います。

 

タイのリゾート島というとプーケットが有名ですが、ダイバーの間ではサムイ島と、そこから高速船で30分くらいの場所にあるタオ島が有名です。特にタオ島ジンベイザメ君に、通年で遭遇できるスポットであります。そう!私がどうしても会いたかったのは、いう間でもなく、ジンベイザメ君でした。実は、以前沖縄の小浜島西表島の間にあるスポットで、「マンタの群れ」を狙いに潜ったのですが運悪く出会えなかったということがありました。それから「もし今回もジンベイ君に会えなかったら、私は狙って潜ると出会えないのかもしれない・・・」というジンクスを自分の中で勝手に作りあげる準備をしていたのでした。

 

せっかくの The library での、ビーチベッドでの朝食ブッフェをあきらめて、朝7時にホテル前でダイビングショップ「Discovery Diver」さんのピックアップ。海外で潜るのは初めてだったのですが、この日はインド人、パキスタン人、フランス人、韓国人、中国人のダイバーさんたちと一緒でした♪海の中では言葉は聞こえないので、国籍は関係なくコミュニケーションを取れるのも、なんだか素敵な海外ダイビングの醍醐味ですね^^

f:id:mylife_diary:20170611173534p:plain

今回のスポットは「セイルロック(Sail Rock)」こちらもダイバーに人気のスポットで、ものすごい数の魚群・・マグロやバラクーダ、それからツバメウオにクエの仲間、そして、時々ジンベイザメ!!結構ミクロな世界(だと思っている)伊豆に比べたら全体的に大きな生き物たちが見れそうで、大きいもの好きの私はそれだけでもワクワクです!

 

早速ダイブ!天気は曇り、波高め、、でもダイジョウブ!

f:id:mylife_diary:20170611174450p:plain

f:id:mylife_diary:20170611174552p:plain

潜ってしまえば平安が訪れます(船の上でものすごい酔ってた)。さあ、何に出会えるでしょう~?

・・・なんて思う間もなく、早速目の前に現れたバラクーダの群れ!!

f:id:mylife_diary:20170611174748p:plain

気付いたら包囲されていました。一尾一尾もたぶん30センチ以上はあって、圧巻です。

圧倒されつつ岩に沿うように泳いでいくと、、

f:id:mylife_diary:20170611174946p:plain

魚の群れ群れ群れ!!!

もちろんツバメウオさんに見とれたりもしていましたが、ただただ、大きな水族館の水槽に放り込まれたみたいに、魚の群れに溶け込んだような感覚を味わっておりました。

f:id:mylife_diary:20170611175135p:plain

それから、ここの岩場に長いこと住んでいらっしゃる主。。

クエのおじいさんにもご挨拶して、

f:id:mylife_diary:20170611175238p:plain

もたもたして、ガイドさんとバディたちからうっかり置いて行かれそうになり、そろそろお別れせねばと振り返ったそのときです。。。

f:id:mylife_diary:20170611175424p:plain

・・・ん???なんだか大きな影が、、、ま、、まさか!!この柄は!!!!

ジンベイ様ではありませんか!!!

自分が今まで海の中で見た生き物の中で、圧倒的に大きすぎて、心臓がバクバクして動きが止まってしまいました。なかなか追いついてこない私に気付いて戻ってきたガイドさんたちも彼を見つけて大興奮!!

最初は背中が見えたので、このまま行ってしまうかな。。と思ったら、Uターンしてキュートなお顔を見せてくれました^^

目が!!目が!!!なんてつぶらなんでしょうあ。かわいい~。

写真を見てどこに目があるかお判りでしょうか・・?

f:id:mylife_diary:20170626104934p:plain

コバンザメや、ほかの沢山のおさかなたちを引き連れて泳ぐ姿に、だいたい5,6分くらいは並泳できました♥

 

会えないと思っていたからこそ、大きな感動でした!

これだから、ダイビングはやめられない!! 

次は沖縄のきれいな海で、マンタにリベンジしようかな~

 

と思いながら、船の上でタイビールをメンバー全員と乾杯して、島へ戻ったのでした。

 

夜はムエタイも見て、弾丸だったけれども充実のタイ旅行でした。

 

おまけ

インストラクターさんの足にまとわりつく、コバンザメちゃん♥

 

f:id:mylife_diary:20170626105134p:plain

はじめてのタイ旅行【どうしても行ってみたかったホテル】

時間が空きましたが、一緒に行ったお友達からの写真も送られてきたのでこの週末でタイ旅行の感想を改めてまとめようと思います。

 

さて、、

前回の記事にも書きましたが、

私がはじめてのタイ旅行に、「サムイ島(Koh Sam

 

ui)」を選んだ理由のひとつが、どうしても行ってみたいホテルがあるからでした。

 

そのホテルがこちら

The Library | Unique Conceptual Resort in Koh Samui

「The Library」という、「The design hotels book (世界のデザインホテル)」にも掲載されているホテルです。

f:id:mylife_diary:20170603214415j:plain

特徴は、モダンで開放的なコテージ形式の客室(おそらく20くらいしか客室もない)と、真っ赤なプール!もちろんリゾートアイランドホテルなので、プライベートビーチもございます。そして、なんといっても、ホテルの名前を表しているとおり、光差し込む素敵な図書室があるのです!!

f:id:mylife_diary:20170603214959j:plain

 

おしゃれな本

f:id:mylife_diary:20170603215034j:plain

日本語・韓国語・英語・フランス語・その他もろもろ・・いろんな本がありました。もちろん持ち出しOKで、ビーチベッドでも、客室でも、好きなところで本を読めます。隣にはDVDロームもあってこちらも持ち出し自由でした!今回は弾丸旅行なのであきらめましたが。。。

 

f:id:mylife_diary:20170603215541j:plain

敷地に点々と、白い人たちが・・・!

思わずこんなことして夢中で遊びました

f:id:mylife_diary:20170603221226j:plain

白い恋人・・・

 

それから、海とプールはこんな感じ

f:id:mylife_diary:20170603221549j:plainちょっと曇ってましたTT

タイでは5月末が雨季なようで、それでもサムイ島はいつも比較的くもりか、パラパラ降る程度だそうです。

島中に犬がいますね。人に近づくと砂をかけて追い払われて、少しかわいそうでした。。

f:id:mylife_diary:20170603221719j:plain

プールが赤いのは、床のタイルが赤いからなんです♪

f:id:mylife_diary:20170603221355j:plain

せっかくなので(?)素潜りの練習ということでプールでシュノーケルしたら、意外にもアーティスティックな写真を撮ることができました

f:id:mylife_diary:20170603222039j:plain

海に限らず、「潜る」ということ自体が、水上と水中でまったく違う景色が広がることにとてもワクワクしませんか?なーんて。

こうして写真を撮りまくって遊んでいたら、アッという間に時間が過ぎてゆきました。

朝9時くらいにホテルに着いたにも関わらず、すぐにチェックインしてくれて、12時過ぎまではこうやって遊び、そのあとは街に繰り出してお買い物やマッサージ、食事を楽しんだのでした~!(マッサージは1時間600円くらいだったりして、神です!!)

くたくたになって帰ると、ライトアップもきれい~!

f:id:mylife_diary:20170603222523j:plain

 

このホテルに泊まれて、本当によかった!お部屋の内装が様々な事情により(ホテルではなく私の)載せられる写真がないですが、興味のあるかたはホテルのホームページへ^^

The Libraryの魅力、伝わりましたでしょうか。。。実はこのホテルには何気なく見ていたテレビ番組で紹介されていて一目ぼれした4年前くらいから、ずっと泊まってみたいと思っておりました。期待を裏切らない興奮とうっとりをありがとう~!ケータイのメモ帳に、死ぬまでにやりたいこと、メモしていてよかった!ダイビングをしにタイに行く話が出たときに「だったらサムイ島がいい!泊まりたいホテルがあるの!」という私のわがままをすんなり聞いてくれたAちゃん、ありがとう。そしてサムイ島からほど近い場所にとっても素敵なダイバーに人気のスポットがあることも調べて、なんともハートフルで愉快なダイビングショップも予約してくれて、陳謝です。

 

と、いうわけで、次回は【どうしても会いたいアイツ】との思い出を書こうと思います♪

 

 

 

 

はじめてのタイ旅行【サムイ島へ】

こんばんは。

先日、タイのサムイ島へダイビング旅行に行きました。

f:id:mylife_diary:20170531003157g:plain

羽田からバンコク(約7時間)乗り継ぎでサムイ島(約1時間)の空の旅。

金曜日の深夜の便で、土曜日の朝9時ごろにつきました。体力に自信のあるかた、時間があまりない方、飛行機でもどこでも快眠できる方には、とってもおすすめなスケジュールです!着いてからほぼ丸一日遊べますからね。

あとは、GWをあえて外したのはやっぱりお値段。。羽田⇔バンコクJAL便でしたが、ピークより5万円くらい安くなっていました。月曜日だけ有給をいただいて、十分に行ける満足な旅でしたよ。

 

朝ごはんにバンコクで早速トムヤムクン

f:id:mylife_diary:20170531004112j:plain

職場の近くのタイ料理屋で週1回は必ずトムヤムクンを食べているくらい、大好きなんです。さすが本場の味。。。。と思いきや結構普段行くタイ料理屋さんのトムヤムクンと近い味!さすが、東京にあるとはいえ現地の人がやってる人気のタイ料理屋さんだわあ。。と、そっちに感動しました。笑

 

さて、「タイの南の島に旅行に行ってくる」というとたいてい「プーケット?」と聞かれ、「サムイ島だよ」というと「どこそれ。暑いんじゃないの?」というサムい回答をいくつかいただきましたが。

なぜ今回このサムイ島を選んだかというと理由は2つ!!

 

それは

どうしても行ってみたいホテル

と、

どうしても会いたいアイツ

のためです!!

 

長くなるのでそれぞれで分けて書こうと思います。

 

味噌煮込みうどんってなぜ高いのだろうか・・

本当は昨日まで行っていたタイ旅行のことをじっくり書きたいけれど、

時系列的に、先に先週行ってきた名古屋出張のことを。。

 

名古屋は仕事以外で行ったことはなかったのですが、これで4回目。

いつもそんなに時間もなく、つるむ人もいないのでたいていエスカで一人でご飯を食べますが。。なんとなく、味噌カツもひつまぶしも気分じゃなくて、結局惰性?で山本屋さんに行きました。

前回行ったのが結構前だったので久しぶりに。。。それに最近うどんがマイブームだし。。イベントで立ちっぱなしで疲れたから、自分へのご褒美でビール一杯くらい・・♪

ということで

f:id:mylife_diary:20170531000110j:plain

冷めないうちに食べるのに必死で、肝心の中身がおいしそうな写真を撮り損ねたブログ初心者です。汗

びっくりするくらいコシが強くて、味噌がこっくりおいしくて。。。幸せでした~^^

 

にしても、これでお値段3000円ほど。

ファーストフード的なワンコインうどんをこよなく愛し、週に1回と6が付く大盛り無料デーには必ずうどんを食べている身からすると、一瞬目を疑うわけです。

そもそもうどんって、安いものだし、高級めにつくっても、つるとんたんくらいしかお目にかからないのでなんだかちょっとびっくりしちゃいました。

そりゃね、名古屋の名物ですものね。。

 

そういえば名古屋で一人ごはんばっかりしている気がするけど前にここに来た時にはひとりじゃなかったような。。そうだ。そういえば付き合って2週間くらいしか経ってない彼氏を、名古屋出張を金曜日に入れたからって無理やり弾丸で呼び寄せて週末旅行した時にきたんだった。結局足が臭すぎてどんびいちゃってすぐに別れちゃったけど。。(もちろんほかにも理由はありましたが。。)それも今となってはいい思い出かなあ。自分はそこそこマッチョな人が好きだと分かったし、今の旦那さんに出会えたのもあの時の彼の足が臭かったからかもしれない。。Everything happens for a reason..

 

そんなことを考えた今回の出張でした。おいしくて安い味噌煮込みうどんをご存じの方はぜひ教えてください。

 

ーーーおまけーーー

イベント会場でお近くのブースにいらっしゃったLineさんからいただきました。(お客さんでもないのにねだりにいったとも言う)

原宿のLineショップでも売っているんですって♪かわいい~♥

f:id:mylife_diary:20170531001922j:plain